大麻草を原材料としているCBDオイルの違法性について

投稿者:

CBDオイルの違法性について

CBDオイルというものがあります。
CBDとはカンナビジオールという化学物質のことであり、大麻草に由来する成分となっています。
つまり、CBDオイルとは大麻草を原料としているのです。

そこで気になるのが、違法性です。

最近、ニュースで連日有名人が大麻で逮捕されていることが報道されていますが、大麻が違法な日本でCBDオイルを使用してしまっり、保持していたら逮捕されてしまわないか心配になります。

CBDオイルを使用したり保持していたら逮捕されてしまうでしょうか。
その答えは、原材料として使用する大麻草の部位によって変わります。

どういう事なのかいうと、CBDオイルには大別すると次の二つに大別できるのです。

  • 大麻草の茎や種子を原材料としたCBDオイル
  • 大麻草の葉っぱなど、茎や種子以外を原材料としたCBDオイル

合法な大麻草の茎や種子を原材料としたCBDオイル

日本で使用したり、保持していても合法なCBDオイルは“大麻草の茎や種子を原材料とした”CBDオイルです。

種子は七味唐辛子などにも“麻の実”として使用されている毒性が殆んどない安全な部位であり、茎も同様です。
このため、大麻草由来のCBDオイルであっても合法なのです。

違法な大麻草の茎や種子以外を原材料としたCBDオイル

大麻取締法に抵触して違法となるCBDオイルが、“茎や種子以外を原材料とした”CBDオイルです。

茎や種子以外の部位はテトラヒドロカンナビジオールという幻覚作用や中毒性などがある毒性が強い成分を多く含んでおり、麻薬と同じ扱いになります。
このため、大麻を違法としている日本では大麻の葉っぱなど茎や種子以外を原材料としたCBDオイルは違法となるのです。

関連する記事