注意したい沖縄旅行のポイント!トラブルを無くして南国を満喫!

- 沖縄の離島、その魅力とは

沖縄の離島、その魅力とは

近年、沖縄ツウの間で離島が注目を集めています。
なぜ、そんなにも人気なのでしょうか。
離島ならではの、注意すべき点はあるのでしょうか。

ツアーで行くこともできる

離島観光を言うと、ツアーは難しいとお考えの方もいます。
しかし、沖縄の主要な離島、宮古島や久米島などにはツアーで行くことが可能です。
ステイ時間も長く、3、4泊するコースも人気です。
ツアーの魅力は何と言っても、旅行の準備が楽なことです。
宿泊先やフェリーの手配などを代行してもらえます。
またモデルコースもあり、初めてでも安心です。

近い島ならフェリー、船で1時間かからない

離島と聞くと、遠いイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。
沖縄の離島、無人島の中には本島から日帰りできるところも多数あります。
本島観光のついでに日帰りツアーで、離島に行くこともできます。

新しい発見がある

離島に行く目的はさまざまで穴場でダイビングをしたり、その島ならではの観光地を巡ったりします。
沖縄は魅力がいっぱいで、何日いても何回行っても楽しめます。
本島には何度も行っている方でも、離島で新しい発見や経験ができます。
どこまでも続くサトウキビ畑の中をドライブするのも良いです。
沖縄の原風景を満喫できるでしょう。
無人島では手つかずの自然を見る、誰もいないビーチでのんびりとした時間を過すなどできます。

注意する点は?

自然の多い場所に行くときは、ハブなどの野生動物に注意しましょう。
ハブは宮古島にはいないと言われていますが、多くの島で生息しています。
また、島ならではの伝統にも敬意を払いましょう。
御嶽と呼ばれる場所があります。
神社やお寺のようなもので、神聖視されています。
ただ岩が並んでいるだけに見えますが、沖縄の人にとってはとても重要な場所です。
許可なく近づくのは止めましょう。
珍しいからと言って許可なく、他人様のお宅を写真に撮るのも止めましょう。
信仰とも関係がありますが、水着姿で町中をうろつくのも良くありません。
なにか一枚羽織るものを持参した方が無難です。
沖縄は台風が多いことでも知られています。
台風の影響で船やフェリーが、欠航してしまうことも考えられます。
日程を組むときは気を付けて余裕を持った計画を立てましょう。
島に滞在中に台風が来てしまった時は、島の人にアドバイスを求めるのも手です。
不要不急の外出は避けましょう。

注意点も多いですが、一度行った人はまた行きたくなる。
島ごとに違った特徴があり、何度行っても楽しめる。
そうした魅力があるのが、沖縄の離島と言えそうです。

ページ上に戻る