注意したい沖縄旅行のポイント!トラブルを無くして南国を満喫!

- 沖縄ならではの体験がブームです

沖縄ならではの体験がブームです

近年、沖縄旅行に行っていろいろなことを体験することがブームになっています。
海で泳ぐのも、観光地を巡るのも良いですが、今度の休みに沖縄に体験旅行に行ってみませんか。
どんな体験が人気なのでしょうか。

沖縄の青い海から塩を作る

コンセプトは「世界に1つだけのMY塩を作る」です。
沖縄の海水を煮詰めて自分だけの塩が作れます。
炭火と石鍋、そして愛情で作り上げます。
人によって、できあがりの味が違うという話もあります。
徐々に塩の結晶ができてくるので、子供はもちろん大人も楽しめます。
その日のうちに可愛い壺に入れて、持ち帰ることができます。
沖縄では古くから、魔除けに塩を持ち歩く習慣がありました。

沖縄と言えばシーサーですが

そんな沖縄の守り神、シーサーを作ることもできます。
当然ながら、作る人によって表情が変わります。
こちらも世界に1つのシーサーが、できあがります。
お子様の夏休みの宿題にも最適です。
シーサー作りを通して、沖縄の歴史を学んでみませんか。
ちなみにシーサーには、口を開けているのと閉じているのがあります。
開けている方がオスで魔物を捕まえようとしている、閉じているのがメスで福を逃がさないようにしているという解釈が一般的です。

環境問題を考えるきっかけにも、サンゴ苗作り

いま、沖縄で一番の環境問題と言えばサンゴ礁の減少。
そんないまを子供たちに理解してもらえるのが、サンゴ苗作りです。
学校や企業だけでなく、個人で参加することも可能です。
サンゴの役割、保全するにはどうすれば良いのかをスタッフの方が教えてくれます。
小さな子供でも楽しく学べるように、工夫がなされています。
作ったサンゴ苗は半年ほど育ててから、ベテランスタッフが丁寧に海に植えつけます。

沖縄独特のデザインが魅力的な琉球ガラス

琉球ガラスは大変人気で、あちこちのお土産店で売っています。
ですが、せっかく沖縄に来たのですから自分でオリジナルを作ってみませんか。
お皿やグラス、アクセサリーなどを好きな色、デザインで作れます。
多少、形がおかしくてもご愛敬です。
琉球ガラスは平成10年に沖縄県の伝統工芸品に認定されるなど、いま注目を集めています。
独特の厚みや気泡、でこぼこがあるのが特徴です。
お土産にも最適です。

旅行と言えば、おいしい食べ物にお酒、そしてその土地ならではの体験です。
沖縄には独自の文化や風習があり、人々の生活に根付いています。
そんな沖縄の人の生活に触れてみてはどうでしょうか。

ページ上に戻る