注意したい沖縄旅行のポイント!トラブルを無くして南国を満喫!

- 旅行のだいご味、郷土の味を堪能しましょう

旅行のだいご味、郷土の味を堪能しましょう

沖縄旅行の楽しみと言えば、やはり郷土料理を食べることではないでしょうか。
海の幸にお肉、変わった果物など、沖縄は珍しくておいしい食べ物がたくさんあります。
せっかく沖縄に行くのですから、ホテルの食事だけではもったいないです。
町中に出て、本場の料理を試してみましょう。

有名な沖縄そば、ソーキそばとの違いは?

どこの地方でも麺料理はあります。
沖縄の?と言えば、やはり沖縄そば。
では、よく聞くソーキそばとの違いはなんでしょうか。
まず沖縄そばにはトッピングとして三枚肉、かまぼこ、ネギ、ショウガなどが乗っています。
対してソーキそばは三枚肉ではなくブタのスペアリブが乗っており、こちらの方がボリュームがあります。
嫌いな人は少ないと言われているので、沖縄料理を試す時は沖縄そばから始めてみましょう。

沖縄と言えば、ゴーヤチャンプルー

チャンプルーとは混ぜこぜと言う意味です。
具材はゴーヤの他、卵、豆腐、豚肉などが多いようです。
本場沖縄ではただの豚肉ではなく、ポークランチョンミートと呼ばれる加工品が使われます。
非常に柔らかく、ゴーヤとの相性が抜群と言われています。
夏バテ防止の食事として、昔から食べられています。

近年の人気メニュー、タコライス

タコライスってタコが入っているの?と勘違いされている方もいらっしゃいますが、この「タコ」はタコスのことです。
アメリカで食べられていたメキシコ料理のタコスを沖縄風にアレンジしたものです。
タコスの具材をトルティーヤで巻く代わりに、ご飯に乗せて食べます。
在沖縄米軍関係者の間で話題になり、瞬く間に沖縄全土に広がっていきました。

沖縄独自のお豆腐、島豆腐

チャンプルーにも使われるお豆腐ですが、食べたことがない方が多いようです。
普通の豆腐と変わらないと思っている方も多く、誤解されている食材の一つです。
島豆腐は木綿豆腐よりも固くできているので、チャンプルーに入れて混ぜても型崩れしにくい特徴があり、大きさも大きく一丁で800グラムほどあります。
また豆腐を絞る時、煮ずに生のまま絞るため、栄養が豊富に含まれています。
島豆腐を使っていないものは沖縄料理と呼べないという方もいるくらい、沖縄料理には欠かせない存在です。

他にもオリオンビールや泡盛と言ったお酒も有名です。
またサーターアンダギーや紅芋を使ったソフトクリーム、タルトなどの甘未も人気があります。
お土産を買う際にも沖縄郷土の味を探してみてはいかがでしょうか。

ページ上に戻る