注意したい沖縄旅行のポイント!トラブルを無くして南国を満喫!

- 日程に余裕を持たせたい

日程に余裕を持たせたい

沖縄旅行には、飛行機かフェリーで行く事になるでしょうが、どちらも天候不良になると運休になってしまう可能性が高いです。
他に帰路する手段がない以上は、そうなってしまうと現地で立ち往生になってしまうのです。
状況によっては、数日間運休状態になる可能性もあるので、予定よりも帰るのが大幅に遅くなってしまう可能性があるのです。
それを考えると、できるだけ日程には余裕を持たせるのが望ましいでしょう。
例えば、休みが終わる前日に帰るというのは、最も余裕のないパターンだと言えます。
1日帰るのが遅れれば、それで仕事を休んでしまうことになりますから、仕事先にも迷惑をかけてしまうことになりかねません。

もちろん、普段なかなか休みを取れず、前日に帰らざるを得ない人もいるでしょう。
その場合でも、事前に台風が近づいていないかどうか、天候の方は大丈夫かどうか、事前にチェックしておくようにしましょう。
また、本土であれば便数も多いのでまだ問題ないかもしれませんが、他の離島になると便数もかなり少なくなってしまうので、それらの地域へ行く人は特に注意が必要です。
場合によっては、ちょっとした大雨で運休になってしまう可能性もあるので、急に現地に停滞しなければならなくなるかもしれないのです。
天候だけでなく、現地でのちょっとしたトラブルによって、予定通りに帰れなくなってしまうこともあるのです。
航空券を無くしてしまったり、想定外の渋滞に巻き込まれて搭乗時間に間に合わなかったり、ちょっとした事故を起こしてしまい手続きに時間を要してしまうなど、いろんな理由で帰るのが遅れてしまうこともあるのです。
そういうことも考えて、やはり日程には余裕を持たせるべきなのです。
もちろん、これは沖縄だけに限ったことではなく、どの地域へ行く場合にも言えることはありますが。
最低でも、たとえ帰るのが遅れてしまうことになっても、大丈夫な状況を作っておくようにしましょう。
例えば、もし翌日が仕事なのであれば、すぐに仕事先に連絡をして、早めに状況を報告するようにしましょう。

ページ上に戻る